体に良い断食でファスティングダイエット。その魅力にせまる

失敗しない

フルーツジュース

ファスティングダイエットとは、食事を断つことで体重を減らしたりスリムな体になったりすることです。
人間は、食べることで体内にエネルギーを取り入れています。
そしてそのエネルギーを使って呼吸や血液の循環や運動などをおこない、余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えています。
つまり食べれば食べるほど、中性脂肪は増えてしまうのです。
食事を抜けば、エネルギーは入ってきませんが、そのかわり中性脂肪がエネルギーとして使われるようになります。
すると中性脂肪が蓄えられず、減る一方となり、体は細くなっていくのです。
これにより、体重が減るだけでなく、血液中の脂肪濃度も下がって血液がサラサラになります。
さらに腸内に食べ物がたまらなくなり、それまでたまっていた残留物がしっかり排出されるようになります。
つまりデトックス効果もあるわけです。
そのためファスティングダイエットは、美容と健康のためによくおこなわれています。

ただし長期間何も食べずにいると、胃腸の消化機能が衰えていきます。
また、体が飢餓状態となり、少しでも効率よくエネルギーを蓄えようとし始めます。
そのため次に食事をとった時に、消化不良を起こしたり、中性脂肪がたまりやすくなったりします。
栄養不足となって肌荒れやホルモンバランスの乱れなどのトラブルが起こる可能性もあります。
そのため、インストラクターのいるファスティングダイエット用の宿泊施設があります。
そこに宿泊すれば、インストラクターの指導のもと、安全にファスティングダイエットをしていくことができるのです。
基本的に食事を断ちますが、体を壊さない程度に適度に水分や栄養分を補給したり、脂肪燃焼率を高める運動をしたりすることができるので、健康状態を保ちつつどんどん痩せていくことができます。